はじめに

ごあいさつ

ようこそお越しくださいました。
突然ですが、オペラの評論を、あらゆる観点から一人の評論家が書くのは不可だとは思いませんか?
演出、舞台美術、舞台衣装、バレエ、指揮、管弦楽、指揮、声楽
これら全てに精通し、深い見識を持った評論家などまずありえません。
例えリーダーアーベント(歌曲の夕べ)であっても、ピアノと歌は専門的に別々の視点から評価されるべきでしょう。

更に今日はコンクールや有名歌劇場に出演している有名歌手でなくても、動画サイトを通じて世界中の演奏を聴くことが可能になりました。
それによって、無名でも素晴らしい演奏に触れることが可能になったのですが、クラシック界(特に日本)は権威主義的で、ネームバリューや有名コンクールの受賞歴、有名歌劇場の出演歴が実力よりも遥かに重視される傾向にあります。

音楽評論というと、注目度の高い演奏会について良かった。悪かった。と批評を書くのが一般的ですが、
本来は小さな演奏会にも足を運び、将来的に活躍しそうな才能を発掘して発信していく義務があるのではないかと考えます。
そこで今回、このサイトを立ち上げ、少しでも実力のある歌い手を紹介していくことにした訳ですが、有難いことに1年続けて毎回記事を読んで下さる方が徐々に増えてきました。
本当にありがとうございます。

ですが、音大生なんかと話をすると、興味を持てば幾らでも情報を集められる時代にあるにも関わらず、一部の有名歌手しか知らない、自分と同じ声種の歌手にしか興味がないという状況だったりするので、若い内から広い視野で歌唱芸術に触れて貰うためにも、出来れば音大生にもっと読まれるようにしていきたいと考えていますので、提案などがあれば是非力をお貸しください。

 

サイト管理者情報

名前:Yuya

年齢:37

声種:テノール

某音楽大学声楽専攻卒業。
音大の声楽科では教えてくれない情報の発信と、
組織に所属していないフリーだからこそできる完全実力主義の評論をモットーに活動しています。
普通の仕事をしながら、時々舞台で歌ったり、ボイストレーナーとして指導させて頂いたりしております。

最近はこのサイトでも歌唱に関するワンポイント動画をアップさせて頂いております。

また、
「私の声を聴いて欲しい」
という方からも相談を頂くことがあり、音源をお送り頂くことで癖や改善のための練習方法などを提案させて頂いております。
勿論、実際にボイトレを受けてみたい。
という方からのご依頼も承っておりますので、ご興味のある方は問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

Rワーグナー タンホイザーから Dir töne Lob!(あなたを称えましょう!)

 

 

Rワーグナー 『ローエングリン』より”愛する白鳥よ”
2021年10月6(水)
鶴見区のサルビアホールに於ける演奏です。

 

 

今後の目標

信頼できる声楽家の輪を広げ、
声楽を習いたい方に、自信を持ってお勧めできる声楽教師を紹介できるようにすることです。
やっぱり良い先生との出会いが上手くなる一番の近道ですからね。
音大受験生であれば尚更、先生選びは人生を半ば預けるようなものですから、
若者がいい加減な声楽教師に潰される悲劇を何とか減らす貢献がしたいです。

 

コメントは受け付けていません。