日本人テノールの声についての考察

日本人のテノールは世界で通用しないのか?
と聞かれれば決してそんなことはないと思っている。

だが、声がデカい=世界で通用する。

という誤った認識は捨てなければならない。

 

色々な方の感想を見て感じるのは、
ドラマティックな役をデカい声で歌う歌手(特にテノール)が凄い。
という感覚が根底にあるように感じるので、
本当にデカい声が素晴らしいのか、考えるきっかけになればと思い記事を書いてみた。

 

例えば

小野弘晴氏

 

 

 

岡田尚之氏

 

 

 

工藤和真氏

 

 

 

こういう歌唱は確かに派手で迫力もあるが、
では一流の歌手と比べたら何が違うのだろうか?

 

Marco Berti

登場シーンは7:10~

 

テノールにとって道化師とオテッロは最も重い役の代表と言われているが、
重い役は重く歌ってはならない。

 

 

因みに、Nessun Dorma(誰も寝てはならぬ)のカラオケを聴いて頂きたい。

本来はこんなに静寂に満ちた美しい音楽なのである。
とてもセンプレフォルテで歌う曲ではないことがカラオケを聴くだけで分かる。
これを無視して、ただデカい声で歌うことが本当に素晴らしい音楽なのだろうか?

 

 

Nicola Martinucci

はっきり言って、マルティヌッチより小野弘晴氏の方が全然声はデカい。
2人とも生で聴いているのでこれは間違えない事実である。
大事なのは響きの豊かさであり、テキストに対して向き合った結果を如何に表現に落とし込むかであり、
様式感、つまりその作品がどんな風に演奏されることが好ましいかを想像+創造して聴衆に示すことではなかろうか?

 

どうも、この国ではドラマティックテノール=デル・モナコ
というイメージでもあるのか?
と思うほど、モナコの亡霊が見える歌が溢れている。

 

デル・モナコと言えば、彼の弟子(バリトン)に一度レッスンを受けたことがあるが、
全くそんな歌い方はしていなかった

Mauro Augustini

めちゃくちゃデカい声のように聴こえるかもしれないが、
狭いレッスン室では不思議なことに全然うるさくないのである。

そういったことを総合して考えれば、
正しい発声=デカい声、立派な声を出す。という発想は間違っていると言って良いだろう。

 

 

そこにくると、数年前に日コンを取った城宏憲氏は全然違う

本来の声はもう少し軽い曲の方が合うと思うが、
カヴァラドッシを歌った後、最近の声を知らないのでどうなっているか少し心配ではある。

 

 

 

藤牧正充氏

結構前の演奏だが、昨年の9月の愛の妙薬をやった時も、殆ど声は変わっていなかった。

 

 

 

ドラマティックな声では
今尾 滋氏

響きが多少籠ってはいるが、もとバリトンだったこともあって、最後の高音はキツそうだが、
いつぞのバイロイトで歌ったヴォットリヒより上手い。

 

 

 

今後日本を代表するテノールことになる可能性を秘めている若手としては
宮里 直樹氏

持っている楽器は数年に一人の逸材だと思っている。
これから、如何にその持っている声を捨てられるかがカギになるだろう。
と言うのは、「自分の声が良く鳴っている」
という感覚が色々なことを阻害する可能性があるからだ。
そのためにも、当人に一度信じたものを捨てる覚悟があるかどうか・・・
更には彼の声を正しく導ける教師に巡り合えるかどうか。

 

もうCDなんか出してるんか!

 

 

 

なお、日本の期待を一身に背負った時期もあった中島康晴氏はと言うと
2001年

 

 

2017年

なぜこうなった?と哀しくんってしまう。
全部口が横に開いてしまってドイツ語に聴こえないレベル。
芸大大学院に在籍していた時に彼の歌を聴いたことがあったが、
まだ若かった村上敏明を全く寄せ付けないレベルの圧倒的な声を持っていたのだが…
宮里氏にはこうなって欲しくないものだ。

 

他に日本人の若手有望テノールとして

という人達の名前が挙がったりするらしいが、ちゃんと演奏を聴いたことがないので何とも言えないところだが、

 

 

 

山本耕平

最近アップされた動画は削除されてしまったので古い演奏ではあるが、
2018年の声を聴いた限りそこまで変化してはいないと思う。

 

 

 

 

 

ここまで見てきた通り、パワーだけで押し切って良い歌を歌うことは日本人には難しい。

世界的に見れば、
Vladimir Galouzine

 

 

 

Stephen Gould

みたいなパワーだけで歌える歌手もいるが、
デカい声を求めて行き着く先は、少なくともイタリアオペラを美しく歌う声ではない。

 

舞台に立つ人間は聴衆が求めるものを提供しようとする。
当然デカい声に喝采を送れば、そういうモノを求める人が必然的に増える。

大事なのは、我々聴衆が舞台に立つ歌手に何を求めるかである。
日本には世界的に活躍できる歌手がいないのではない!
世界的に活躍できる歌とそうでない歌を聴き分ける耳を聴衆が持つこと、
それによって日本の歌唱芸術は間違えなく発展するはずである。

 

 

因みに、現在大きな舞台で主役を歌ってるテノールにはステロイド声が横行している。
ステロイドを多用すると、筋肉に柔軟性がなくなり繊細な響きのコントロールができなくなるため、全体的に重い響き、硬い響きになって結果的に大味な歌唱になり勝ちである。
そして何より不自然な声になるので、このステロイド声を聴き分けられる耳は聴衆として養っておきたいところ。

 

ステロイド声の例

 

樋口 達哉氏
2019と思われる演奏

 

 

 

2014年の演奏

2019年の方がビンビン響いてるじゃないか!
と思ってしまう方もいるかもしれませんが、それは合っているけど間違ってもいます。
どういうことかと言うと、この声でしか歌えなくなっているので、
違う曲を聴いても全部この声で歌うことしかできません。
1曲ならまだしも、3・4曲この声で聴いてみれば、声だけ強くなっても歌としては機能しなくなっていることがわかるでしょう。

 

 

 

村上敏明氏

持っている声は本当に素晴らしいのですが、この方もステロイド声で、この声でしか歌えません。

 

あえて動画はのせませんが、福井敬氏もドーピングしながらなんとか舞台に上がっている状態なのは結構知られた話のようです。
私は国音の元門下生と、色んなとこで伴奏してるピアニストから同じ情報を得ているので、間違っていないと思います。

 

こちらの記事は新たに情報があれば都度更新していく予定です。
※最終更新2019/10/27

コメントする