日本の芸能人声楽家達

よくテレビに出ているような自称オペラ歌手、声楽家。
といった方々は、クラシック音楽畑の人からは大抵冷たいまなざしを向けられるものですが、
実際、偏見などを抜きにしてその歌唱力はどうなのか?
あえて検証しようかと思います。

※なお、秋川雅史氏は検証する必要性を感じないので除外しました。

 

 

❶ソプラニスタという名の天然記念物 岡本知高

さて、男性がファルセットで歌う理由は何でしょうか。
単なるカストラートへの懐古趣味でしょうか?
それとも女性が歌うことを禁じられた教会音楽を原点主義的観点から演奏するためでしょうか?

私はもっと単純に、男性のファルセットが女性の歌声とは違った魅力を持っているからだと思います。
そう考えた場合、岡本の歌声に、女声の歌声にはない魅力があるのか?
という単純な疑問を投げかけてみてください。
これだけ高い音が出せる男性は珍しい。というだけならば天然記念物と同じであり、
彼の存在そのものが希少価値であって歌が評価されている訳ではないということです。
最後のカストラートと呼ばれたアレッサンドロ モレスキの録音の価値みたいなものでしょうか?

Alessandro Moreschi(アレッサンドロ モレスキ

 

逆に、めちゃめちゃ低い声の出る女性が、テノールアリアを実音で歌ったらこれ程珍重されるでしょうか?
恐らくとんでもなく上手くない限り誰にも相手にされないでしょう。

不思議なことに、特別低い音を出せる人はピックアップされないのに、
高い音を出せる。という特技はそれだけで注目を集めてしまう。
この潜在的な高音への熱狂こそが、歌の上手い下手という本質を蔑ろにする結果を生んでいるように感じます。

 

高音というキーワードで言うならば次はこの人です。

 

◆超高音が売りのソプラノ 田中彩子

(恐らく演奏は2017年)

この人ほど日本のメディアのフェイク情報が垂れ流されている歌手はそういないでしょう。
彼女の高音が欧州を席巻したような言い方をされますが、実際全くそんなことはありません。
伸ばしてる音でマトモに音程を保てない歌が、ヨーロッパで評価されるハズがないことなど、
少しでも本物のオペラ歌手を聴いたことがある人ならわかります。
そもそも、売りにしている高音すら不安定です。
メディアが彼女を持ち上げれば持ち上げる程、日本に大勢いるレッジェーロソプラノを貶めることになるのです。

岡本はまだ、他人が真似できない歌を歌っているという面では評価のしようもありますが、
田中彩子は、どこの音大にも1学年に1人はいるであろう歌い手です。

 

わざと下手な演奏をアップしているように思われるのも嫌なので、楽々ハイFが出ている時期もアップしておきます
(2014年以前)

田中彩子は1984年生まれです。
数年でこれほど高音が衰えるのであれば、30代後半にしてまともな歌は歌えなくなるでしょう。
とりあえず高音が出るだけの歌手の末路はあっけないもので、
まるでアイドルのように新陳代謝が激しいのがこのタイプです。
そうならないためにも、中長期的に自分の声を分析できる能力が歌手には求められるのです。

 

 

 

◆CMをきっかけに芸能人歌手としてブレイクしたテノール 錦織 健

好きか嫌いかは別として、この人は勤勉であることはそれなりに有名な話のようです。
ある意味、芸能人としてブレイクして声に合わない曲を歌わされることがなければ、
良い歌手になれたのではないかと思っています。
学生時代は何かと第九の合唱に駆り出されていたので、いろんなテノールのソロを見てきましたが、
なんだかんだ日本国内では上手い方です。
声が軽い割に重く作るし、鼻に入れすぎだし、レガートでは歌えてないし、発音もそこまで明確じゃないし・・・。
と挙げれば改善点は沢山ありますが、伸ばしてる声が揺れないし、変な口の開け方は基本的にしませんし、
大声大会にはならないので、ある程度年を重ねても声を保てているのでしょう。

 

例えば 村上敏明と比較すればよくわかります。

全部の音にアクセントが付いてるんじゃないか?
と思わせる歌としての不自然さは、少なくとも錦織にはないので、
そういう意味でも錦織は自分の声を理解していると思う。

 

 

◆空を飛ぶオペラ歌手(と呼ばれてるらしい)鈴木慶江

NHKの力によって有名になったソプラノ
それにしても、この人の高音は酷い。
軽い声なのになぜこんな力んで高音を出す必要があるのだろうか?
そもそも、この曲なら高音と言ってもソプラノにとっては高い音ではないので、
こんな音で力一杯出してる地点で、かなり残念な感じである。

発音も、”a”母音が”o”なのか”a”なのかわからないし、
シューベルトにしろカッチーニにしろ、アヴェ マリアは歌の上手い下手がもろに出る曲。
なぜ彼女はこんな粗しか目立たない曲を録音してしまったのだろうか?
レガートで歌えない歌手はこの曲を歌ってはいけない。

先ほど、ソプラニスタが女性の歌より魅力がないならばただの天然記念物でしかない。
と書いたのとは逆に、
ソプラノの歌声より魅力のあるカウンターテノールは日本にも普通にいるのです。

 

カウンターテノール 彌勒忠史

今は彼もちょっと芸能人に足を踏み入れてる感じはありますが、
少なくとも歌は本物です。
フィガロの結婚のケルビーノのアリア Voi che sapeteなんかは彼以上の演奏を聴いたことがない位です。

 

 

<番外編>

◆今後のブレイク候補 辰巳真理恵
辰巳琢郎の娘としてすでに一部では有名

このお嬢様がNHKニューイヤーオペラに出る日が日本の声楽界の命日だと思っています。
というのは冗談ですが、本当に選ばれそうで戦々恐々としている今日この頃です。

 

残念なことに、実力より知名度がモノを言うこの国では、
上記のような方々が一流の歌手だと世間的には受け取られたりしている訳です。
しかし、今ではコンクールの受賞歴や海外の歌劇場出演歴のような立派な履歴書で聴衆を集められる時代ではありません。
なぜなら、演奏動画が1本でもアップされていれば、あッという間に実力が分かってしまうからです。

 

このページを見てくださっている方は、
良い歌を歌いたい。
または聴きたい。
と思っている方々だと思いますので、
知名度に振り回されず、勿論私の意見も妄信せず、
ご自身で良い演奏を判断する耳を養ってください。
良い演奏家はメディアが作り出すのではなく、聴衆が選ぶべきだからです。

 

 

 

コメントする